面接にも
最新のテクノロジー

日本でも、世界でも多くの企業が
デジタル面接プラットフォーム「HireVue」の効果を体感

録画による面接と評価

あらかじめ設定された設問に対し、候補者の回答を録画する新しい面接手法。
「録画」であっても、構造化した面接の実施によって、対面と同等レベルの面接と評価が可能。

豊富な設問方式

候補者への問いかけはただの「文字列」だけじゃありません。
動画によって「言葉」で直接伝えることも、時には写真や図式などのビジュアル表現で問いかけることも可能。

マルチデバイス

カメラ付きデバイスであれば、PCでもスマートフォンでも、タブレットでも。マルチデバイスに対応した面接プラットフォームを候補者、採用担当者全てに提供。

こんな事、困っていませんか?

複数の面接官の予定調整が大変

遠方の候補者との面接に時間とコストがかかる

スクリーニングの精度に確信が持てない

採用担当者は多忙を極めます。でも、その「多忙」は本来あるべきの「優秀な社員を採用する」ための正しい「多忙」ですか?
いいえ、違います。面接官やリクルーターの時間調整や遠方の候補者との面接に時間とコストをかけているだけではなく、「学歴が良いからとりあえず会ってみる?」といった、深い洞察のない面接に多くの時間をかけているのが現状。
解放されたくないですか?

デジタル面接プラットフォームHireVueで全てを解決しましょう

テクノロジーでプロセスを簡素化し、意思決定を強化する

採用担当者の生産性を高める

時間と場所を拘束しない高い柔軟性や、ワークフローの自動化などの効率化機能によって、採用担当者の作業効率を向上させるだけではなく、プロセスの早い段階で、「優秀な社員」に対するアプローチにリソースを配分し、スループットの向上を実現する。

場所も時間も拘束しない 

時間と場所を拘束せず、高い柔軟性を提供することは、面接機会の獲得や業務効率を向上させるだけでなく、企業のブランドエクスペリエンスにつながります。
多くの候補者に、あなたの企業の素晴らしいブランド体験を。候補者も最高のお客様の一人です。

偏見を減らし、公平な基準に
基づいた採用を実現

構造化された面接とHireVueのテクノロジーによって、エントリーシートや候補者の印象、採用担当者の「経験」といったバイアスを減らし、従来のスクリーニング手法よりも、深い洞察とエビデンス(データ)に基づいた意思決定を実現する。

さらにもっと、面接にも人工知能を

HireVueは動画から候補者の「表情」「音声」「言葉」を人工知能で解析し、候補者を詳細に把握。
入社後に高いパフォーマンスを発揮した人材のデータから学習モデルに構築し、候補者の将来の活躍可能性スコアを可視化することで、意思決定を強化する。

優秀な人材を採用し、高いパフォーマンスを発揮し続けるために必要なことは「エビデンス(データ)」に基づく意思決定です。

その第一歩をHireVueから。

さぁ、はじめましょう。